スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義父の入院 

87歳の義父が入院しました。
80歳を過ぎた頃から入退院を繰り返している義父。
今年に入ってからは、2度目の入院となります。

昨日、夫とふたりで義父の家に行き、入院の準備をしたのですが、
今回も、急な入院のため「入院のしおり」はナシ!
でも、アッと言う間に用意できました。

スリッパ・箸・スプーン・果物ナイフ・印鑑・ティッシュペーパー・タオル類などは、
我が家から持参していたので、義父のパジャマ、下着類を詰めるだけだったのですが、
あまりの手際良さに我ながらビックリ!(笑)

でも、荷物を詰めながら・・・
「もし私が急に入院する事になったら、Y君(夫のこと)、慌てるやろね。」私
「うん、何がどこにあるか、サッパリわからん!」夫
「入院セットを用意しとかんといけんね~。」私
「そうしてくれると助かる。」夫

もうすぐ57歳になる同い年夫婦の会話です。(笑)

ところで、義父ですが・・・
今回は、とても気弱になっています。
遺言めいたことを言うし、子どものように可愛がっている愛犬を手放す話しまで・・・

年齢を重ね、思うように身体が動かせないと言う事は、
私達が思う以上に辛いことなのでしょうね。

夫は3人兄弟の真ん中です。姉は大阪、妹は名古屋在住。
地元に住んでいる長男の嫁である私が、頑張るしかありません。

暫くは、義父のお世話が最優先!!
仕事も手を抜くことができないので、
最近、通い始めたジム&習い事はお休みです。←悲しい!

家事は勿論手抜き!(笑)
ダイエットは・・・維持が精一杯かも・・・(汗)

それでは、皆さま。残暑が厳しい今日この頃。
無理はしないように、熱中症、夏バテには気をつけましょうね~。^^

スポンサーサイト

愚痴日記です 

今日は、夫も私も仕事が休みの日だったので、
午前中は夫と一緒に義父の外出の付き添いをしました。
銀行、ホームセンター、スーパーとまわり、
義父を無事に自宅へ送り届けヤレヤレ!

その後、夫と隣町まで買い物にでたのですが、
店に着き、昼食を食べた時点で力尽きた私。
お目当てのものを探す気力がない・・・(>_<)

たいした買い物も出来ないまま、
スーパで、惣菜を色々と買い込み帰宅~。
早めの夕食を摂りました。

もう少し体力をつけなくちゃね(>_<)

それにしても、義父の顔をみた日は異常な食欲に悩まされる私。
今、ダイエット中なのですが、食欲を抑えきれない。

最近の義父。
言うことがコロコロとかわります。
時々、全く正反対のことを言います。
でも、本人にはその自覚がない!

義父のお世話をしていると、ハテナマークがいっぱい!!
その度に、顔を見合す夫と私・・・。

マイペースな義父のお世話!
少しは慣れたので、以前ほどイライラとすることはなくなったのですが、
どうやら気付かないうちに、ストレスが溜まるようです。

頭ではわかっているのですが、
・・・・・やっぱり義父はニガテです。

10ヶ月ぶりに夫と温泉へ 

昨年6月より義父が入退院を繰り返していました。
近くに住む長男の嫁としてはお世話は当たり前?

何だかな~~。と、思いつつも、
夫には、
「お父さんのためではなく、彼方のためにがんばるわ。」
と宣言し、義父に付き合ってきました。

でも、この大正生まれの義父は、自他ともに認める我儘な頑固じぃ~さん。
夫は私を気遣い自分の休日(ウィークデー)の殆んどを、
義父の入院、通院のためにつかってくれていました。
もちろん、私も同行しますが・・・。

そして、10ヶ月経った現在。
義父の病状が落ち着いてきたので、1ヶ月に1度の通院となり、
ホッと胸を撫で下ろしているところです。

そこで、久しぶりに夫と近くの温泉に行ってきました。
そこは、新しくできた施設で、温泉のほかに、
食事、映画、ボーリング、カラオケなども楽しむことができる複合施設。
夫とゆっくりと温泉の湯につかり、食事を楽しむことができました。

これから先もお世話は続きますが、チョット小休止!
と言ったところでしょうか。

ところで、突然ですが、全国のお嫁さんに言いたい!!

決して、ひとりで頑張らないで!無理しないで!
自分に、できないことは、「できない!」とはっきりと伝えましょう。
それが、あなたとあなたの家族を守ることに繋がると思うのです。

今回、私は自分ひとりに負担がかかってしまうことをを避けるために、
夫、義姉、義妹に協力を求めました。
その結果、夫は自分の休日を父親のために使うことになってしまったのですが、
そうすることによって、夫は義父のお世話のたいへんさを理解してくれた様子。
私に対して、過度の期待を持つことがなくなりました。

義姉たちに関しても、入院中の義父の付き添いをお願いすることによって、
義父の我儘ぶりを再確認してくれた様子。

私は、以前、
義父の言動に、ひどく傷つき、落ち込み、体調を崩し、精神状態も最悪。
そんな状況から抜け出したくて、そんな義父と他人になりたくて、
夫との離婚を考えたことがあります。
そのときには、何の疑いも持たずにひとりで頑張っていました。

ですから、今回も介護に疲れ果ててしまい、
義父を憎むようになったり、
夫に対して、愛情が持てなくなってしまうことが怖かったのです。

以前のように、ひとりで抱え込んでいたなら、
夫とのんびりと温泉へ行く気持ちにはなれなかったと思うのです。

勿論、お嫁さんとして完璧に振舞っておられる方をみると、
未だに、罪悪感、劣等感を感じますよ。
でも、私にはマネはできない。

これからも、義父とは自分なりのペースで、
少し距離をおき、お付き合いしていくつもりです。

では、義父のご機嫌伺いに行ってきますね。(^_^)/~

一番辛いのは義父? 

今日は 嫁の仕事をしてきました。
今年の6月中旬に帯状疱疹で入院した義父が、
退院のあとも痛みが治まらず通院しているのです。

今日はその通院の日でした。
病院には毎回 夫と私が付き添っているのですが、
そのたびに 無神経な義父の言動に傷付く嫁。

毎回、
「何でそんなに我儘なの?もう、やってられない!!」
と、心の中で叫ぶ私。
幸い、実の子どもである夫も 義父の言動には呆れているので、
そう思うことにあまり罪悪感は感じていなかったのですが・・・。

でも、
世の中には 義理のご両親に献身的につくしているお嫁さんは、
大勢おられます。

それが 自分にはできないのですから、
「申し訳ない!」と言う気持ちがないことはないわけで・・・。(笑)
義父のお世話は夫のため!と割り切ろうとした時期もあったのですが、
何となく モヤモヤ感がぬぐえない。

でも、不思議と今日は嫌な思いをすることなく、
嫁の勤めを果たすことができました。

その理由は・・・。
義父の痛みが少し治まったので ご機嫌があまり悪くなかったことと、
私の気持ちが少し変化したこと。

介護って、辛いものですよね~。
でも、誰が一番辛いかと言うと・・・。
もしかして介護される側の義父?

「おまえらの世話にはならん!」と豪語していた義父が、
杖なしでは歩けなくなった。
ひとりで病院へも行けなくなった。
銀行へも行けない。
大好きな魚釣りにも行けない。
大好きなお酒も飲めない。

そして、
自分の病状を自分で把握できないことへのもどかしさEtc・・・。

きっと義父が一番辛い思いをしている。 

遅まきながらこんなことに 気付きました。

って、私は寝たきりの人の介護をしているわけではないので、
あまり偉そうなことは言えませんけどね。

それでも、そんな自分の気持ちの変化に気付き、
少し安堵することができたかな?

そうは言っても、義父のお世話は 義父のためと言うより、
自分が後悔したくないので 仕方なく関わっていると言う、
スタンスは変わりありません。

私って、やっぱり鬼嫁だわ。(笑)

夏の疲れ・・・。 

1週間ほど前から、
喉のイガイガ、声枯れ、全身の倦怠感が・・・・。(>_<)
市販の風邪薬、栄養剤などを飲んでも治らないので、
昨日、病院へ行ってきました。

早く治さなくちゃね。

でもガラガラ声のおかげで、
今、義父のお世話から開放されています。
それが、チョッピリ嬉しかったりして・・・。

ヤナ嫁ですね。

では、夏の疲れがでる時期です。
皆さんもお身体ご自愛くださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。