スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ寒さも彼岸まで・・・。 

暑さ寒さも彼岸まで・・・!とは、よく言ったもので、
本当に、朝晩が寒~い!!

今日は、秋晴れの良い天気だったので、
肌布団を仕舞い、厚めの布団を出しました。

我が家の布団は、全て羽毛布団。
4年程前、知り合いから羽毛布団を一セットプレゼントして貰ったのを
きっかけに、少しずつ買い揃えました。

羽毛布団の良いところは、何といってもその軽さ!
重い綿布団とは違い、扱いがとても楽です。

そして、もうひとつの長所は、埃がでないこと!

綿布団を使っていた時には、布団をを敷いたあとは、
窓を開け部屋の換気をし、埃が静まってから、
おもむろに布団に入っていました。

でも、羽毛布団に変えてからは、
布団を敷いてから、すぐに寝ることができます。

これって、かなりポイントが高いです。(笑)

では、日付も変わってしまったことですし、
暖かくて軽い布団に包まれて眠ることにします。
おやすみなさい。

スポンサーサイト

戻ってきた日常生活 

早いもので、9月も20日を過ぎてしまいました。
お彼岸も近いので、今日はお墓参りに行くつもりです。

ところで、入院していた孫のその後。
一週間で退院したものの、経過観察が必要とのこと。
しばらく通院していましたが、先日、やっと医師の許しが出て、
孫と娘は、婿くんの待つ家に帰っていきました。

都会の大きな病院で、再度検査してもらい、
一日も早く、安心でききるといいのですが・・・。

ところで、この孫達の帰省中、
私はというと、心身ともに疲れ、体重も3kg減りました。

やはり小さな子どもの病気は、一番堪えますね。
寝ても覚めても、心の休まるときがありませんでした。

いつもは、異常な食欲に辟易していた私ですが、
この間、食欲も落ち、十分な睡眠も取ることができず、
本当に、疲れました。

孫の様子は、娘とのメール、電話で、逐一入ってくるのですが、
やはり心配は尽きません。

傍にいても、離れていても心配性の私。
ひとり娘が家をでる時には、あまり考えなかったのですが・・・。

と言うより、意識して自分の傍から離したのですが、
こうなってみると、とても不便!
後悔しています。

子育ての間だけでも、すぐに手助けをしてやれる距離に
いてくれれば良かったなどと、思っています。

では、今日も一日、がんばりましょう。

孫の入院 

元気いっぱいだった孫の急な発熱。
近くの個人病院では不安なので、
少し離れた総合病院へ連れていきました。
その結果、まさかの入院。

発熱から6日経った現在、病状は落ち着いていますが、
まだまだ安心できません。

まだ、一歳の小さな手に24時間点滴!
かわいそうで見ていられません。

点滴がはずれないように、
手を包帯でぐるぐる巻きにされているのですが、
気になるのか、包帯をかじってみたり、管を引っ張ってみたり、
噛んでみたり!
コロコロと動き回るたびに、管がからまり、
看護する側は目が離せません。

娘が泊り込んでいるので、私は毎日、通いでフォロー!

しかし、1歳児の看護(点滴時)はひとりでは無理ですね。
4回目でやっと成功した点滴。目を離したすきに針が外れてしまうと、
また、痛い思いをさせなければなりません。

娘は、こどもをおいて、ベットを離れることができないので、
トイレにも行けないのです。
オムツを替えても、手を洗うこともできず、
ミルク作りもたいへん!

こんな調子では、大部屋で看護するのは無理と、
入院2日目に個室に移りました。

個室には、シャワー、トイレ、小さなキッチンがついているので、
とても助かっています。
料金は、少し景色の悪い部屋なので1日5500円ですが、
この際、お金には変えることができませんよね。

孫が早く良くなりますように!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。