スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり計算力② 

小学生のころは、算数がキライではなかったのに、
中学へ進んだ途端に、イヤになってしまう。
これは、よくあることです。

原因はひとつではないとは思うのですが、
一番の原因は、中学数学のテストの問題量の多さです。

小6から中1・・・。学年がひとつ上がるだけですが、
算数から数学へと移った途端、
抽象的で難しい問題となる上に、計算の量もとても増えます。
ですから計算のニガテな生徒は、時間内に解けないのです。

では、計算力をつけるためにできることは、何でしょう?

ひたすら問題集を解いて解いて解きまくる?(笑)
それができれば、十分な効果が期待できますが、
問題は、親の想いとは裏腹に子どもがついて来てくれないこと。

やはり効率の良い勉強をさせてあげたいものです。

たとえばたし算の答えの出し方ですが・・・。

算盤で暗算を習っている生徒は、問題をみると、
算盤のたまが自然に頭に浮かび映像として答えが浮かびます。
(珠算の練習が右脳を使うと言われるゆえんです。)

○○式などで代数計算をくり返し練習をしている生徒は、答えを暗記しています。

小学校の低学年なら、こうした訓練を受けることをお薦めしますが、
中学生ともなれば時間的に難しい。

そこで、全ての計算の基礎となるたし算について言うと、
繰り上がりのあるたし算の答えを早く正確に解けるようになれば、計算は少し速くなります。

一桁+一桁のたし算は、1+1から9+9の81通りありますが、
その中でも、くり上がりのあるたし算は次の45通りです。

1+9
2+8,2+9
3+7,3+8,3+9
4+6,4+7,4+8,4+9
5+5,5+6,5+7,5+8,5+9
6+4,6+5,6+6,6+7,6+8,6+9
7+3,7+4,7+5,7+6,7+7,7+8,7+9
8+2,8+3,8+4,8+5,8+6,8+7,8+8,8+9
9+1,9+2,9+3,9+4,9+5,9+6,9+7,9+8,9+9

でも、この中でも、2+8のように和が10になる問題、
5+5のように、5×2と九九を使うことができる問題は簡単な計算なので除外。
5+6と、6+5のような問題は同じ数字の和で答えは同じなので除外。
すると残りは16個しかありません。
この赤字の16の計算の答えを覚えて欲しいのです。

たとえば8+3の計算をするときに、
10の補数を使い「3を2と1に分けて・・。」
何てやっていると、とても時間がかかってしまいます。
「8+3は11」と覚えましょう。

ちなみに、昨日、中1の生徒にこの話しをしました。
そして、競争をしてみたのですが私の勝利!!
私がこの16個の計算の答えを出す時間を、生徒に計って貰うと「7秒」でした。^^
生徒たちは14秒前後かな?
暫くは【打倒!!桜!!】で盛り上がってくれそうです。(笑)

計算がニガテな生徒は、割り算に苦労しています。
とくに余りのある割り算は大嫌い!(笑)
割り算は九九と引き算を使いますが、
たとえば、12-4=□は、4+□=12と書き換えることができます。
引き算のもとになるのは足し算なのです。

是非、この16個の足し算の答えを暗記させてあげてください。
ひとりで孤独に耐え机に向かって勉強することも大切ですが、
勉強は何も机の上だけではありません。
家族が集まるリビングで楽しみながら、ゲーム感覚で!!^^

でも、これだけで、成績が上がれば苦労しませんよね。
一学期中間テストも近づいています。
GW中に、まずは教科書に書いてあることをしっかり理解できているかどうか、
確認しながら問題を解けると良いですね。

教科書に書いてあることが理解できて、問題をスラスラ解ける!
これは基本です。

またまたとっ~ても長くなりましたね。
でも次回は懲りずに「学年別の計算のポイント」を
書いてみたいと思います。

でも、お役にたつかどうか・・・。
あまり期待せずにお待ちくださいね。(笑)

スポンサーサイト

やっぱり計算力① 

気がつけば10日ぶりの日記です。
本当に、申し訳ない・・・・。(大汗)
相変わらず、怠惰な毎日を過ごしていますが、
今日は、6年生クラスの塾の様子を書いてみますね。

今日の6年生は、
今年度からスタートした男の子ばかり5人のクラスです。

塾が始まって1ヵ月ほど・・・。
今日は、「倍数・約数」の仕上げのテストをしてみたのですが、
同じように教えていても、その力の差は歴然。

何が違うかと言うと、やはり計算力です。
【算数・数学には計算力】とはよく耳にしますね。
では実際にはどんな風に困るのでしょうか・・・。

たとえば、36の倍数を求めるときに「36,72,108・・・。」と、
正解の数字がすぐに出てくる生徒もいれば、
36×1,36×2,36×3・・・の計算を筆算をしなければできない生徒もいます。

同じく、36の約数も、
「1×36,2×18,3×12,4×9,6×6」の組み合わせを考え、
「1,2,3,4,6,9,12,18,36」と、すぐに答えることができる生徒もいれば、

「1,2,・・・・・・・・・・・・・・・○,36」と、ここまで考えてから
手が止まってしまう生徒もいます。

そこで「2の相手は何?」と聞くと、
36÷2の計算を筆算ではじめます。(>_<)

時間さえかければどの子も100点を取れます。
でも、同時に始めたテストで、友達が自分よりも早い時間に仕上げてしまうと、
そこでニガテ意識が芽生えてきます。
その結果、イヤになって途中で試合放棄をしてしまうのです。

今日のテストで最も落ち込んでしまったTくんに声をかけました。
「Tくん、悔しいね~。でも計算さえ早くできるようになれば大丈夫だよ。
少しずつ練習しようね。」私
「うん・・・・。」Tくん

「わかる」と「できる」は違います。
Tくんは倍数・約数の仕組みは解かっているのです、
でも計算に手間取り、時間内に答えることができない。
時間に余裕がないので、文章題までたどり着けない。
文章題の式がわかったとしても、計算が遅いため答えがなかなか出てこない。
『算数なんてキライだぁ~』の悪循環です。

今日は6年生の倍数・約数についての話しでしたが、
これは全ての学年に通じることです。

とくに、中学校の一学期の授業は各学年とも代数計算からスタートします。
ここでつまずいてしまうと、その後の影響は大きいのです。

算数・数学にニガテ意識を持っている子どもさんがおられるご家庭では、
式を見ればすぐに答えることができるまで、十分な繰り返し演習をさせてあげてください。
そして、子どもさんに自信を持たせてあげてくださいね。

次回はその方法について考えてみたいと思います。

プラごみがヤケに多い今日この頃 

食品トレー・パック・ラップなどのプラごみが、ヤケに多い今日この頃・・・。(>_<)
これって、手抜きをしている証拠ですよね。
日記の更新もスローペース!!

いつも遊びに気てくださっている皆さん、ごめんなさい。
最近、何故だか何をするにも億劫で、毎日の仕事をこなすだけで精一杯!
なかなかパソコンの前にたどり着けずにいるのです。

これって、もしかして「更年期」?!
などと、自分を正当化する理由を探してみたりしているのですが・・・。
イカンイカン!!。(笑)

でも、本業の塾の仕事は手抜きをせずに頑張っているのですよ。
当然と言えば、当然ですが・・・。(笑)

先日も、3月に塾を卒業したYちゃんから、
「先生、解らない問題があるので教えてください。」とのメール!
本当は断りたかったのですが、テストの日にちも迫っているとのことなので、
通常の塾の授業の終わったあとに、みてあげる事にしました。

常に学年トップの成績をキープしていたYちゃんは、
地元でも有名な進学高校に通っています。
さすがに進学校ですね。早速テストがあるらしいのです。
テスト内容は、入学前にだされていた課題(中学の復習問題)からの出題とか。

「あのYちゃんが解らないなんて、どんな問題なんだろう?」
とドキドキして待っていたのですが、
制服姿で現れたYちゃんが、私に差し出した問題は2進法

良かった。それなら解る!←内心ホッとする私。(笑)
2進法は、ゆとり教育がスタートした時に、教科書から除外された単元です。
Yちゃんの学年は習っていないので解らなくて当たり前!
でも、テスト前に少しの疑問も残したくないと言う姿勢には感心しました。

やはり、良い成績をとる生徒は心構えが違いますね。
Yちゃんは30分ほどで、笑顔で帰っていきました。

しかし・・・。時間外に無料で卒業生に教えるなんて、
私も人が良いと言うか何と言うか・・・。
でも、そんな自分がちょっぴり好きだったりします。

さて明日は日曜日!←正確にはすでに日付けが変わっているので今日。
お天気が良ければ掃除。悪ければ塾の事務仕事でもします。
では、おやすみなさい。

もっと体力をつけなくちゃ! 

娘とチビ介が帰っていきました。
結局、チビ介中心の生活は3週間ほどでしたが
マメ台風が去り、寂しいようなホッとした様な・・・。

孫はとっても可愛くて、できれば一緒に暮らしたいほどなのですが、
その想いとは裏腹に、どうも気力・体力がついてきません。(笑)

夫婦ふたりだけの生活に戻り、すでに3日経っているのですが、
今日になってやっと少しだけ回復!
少しずつ家の片付けをしている始末です。(恥)

でも、家中を1歳7ヶ月のチビ介仕様にしていたので、
いたる所に危険防止柵・イタズラ防止グッツEtc・・・。
そしてオモチャに食器に寝具。
元に戻すのには数日かかりそうです。^^

それにしても・・・。
今回のことで自分の体力の衰えを痛感しています。
こんなことでは駄目ですね。
もっと体力をつけなくちゃ!
生活を見直す必要性を感じています。

チビ介の成長 

今日は、とても良いお天気です。
娘がチビ介を連れ、地区の支援センターへ遊びに行ってくれたので、
急いで洗濯・掃除と昼食の準備をすませ、パソコンの前に座っています。

娘とチビ介の帰省から早3週間!
チビ介中心のシンプル生活とはほど遠い毎日を送っています。(笑)
でも、自分の意思を伝えてくれるようになったのでずいぶん楽になったかな~?

最近、1歳7ヶ月のチビ介がわかるようになったことを書き出してみますね。

「マンマが欲しい」「ミルクが飲みたい」「ダッコして欲しい」
「お茶が飲みたい」「リンゴは食べたくない」「お絵かきがしたい」
「絵本を読みたい」・・・。

「オシメを変えるよ~。ゴロンして~!」と言うと、近寄ってきて寝転びます。
「お風呂にはいるよ~!」←服を自分で脱ごうとします。
「クックをはくよ~!」←膝の上に座り足を交互に出します。
「お出かけするよ~!」←玄関の方へ歩いていきます。
「家族がウガイをしていると・・・。」←「ゴロゴロ~。ペー~」と真似をします。
Etc・・・。

こんな調子で可愛い笑顔を振りまいてくれています。

が・・・。ひとたび、気に入らないことがあれば、もうこの世のおわりか思うような大泣き!!
そんな時は、ダッコをしても大好きなオモチャを見せても泣き止みません。
でも、窓越しにわが家の庭に放し飼いにしている愛犬をみせると泣きやんでくれるのですよ。^^

あらら、もう帰ってきました。
続きはのちほど!!←いつになるかわかりませんが・・・。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。