スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救世主現る! 

娘の入院で、困り果てていた私ですが、
思わぬ救世主が現れました。

それは子守役ではなく、塾の講師のアルバイト。
実は、教育大学に在学中の卒業生のKくんが、地元の出身中学で、
教育実習のため、帰っていたのです。

Kくんは、今回、理科の先生として中2を担当!
優しくてルックスも良いので、今回の実習生の中でも一番人気!
と聞いていました。

そんなKくんが、昨日、ひょっこりと教室に現れたのです。
「先生、お久しぶりです。」Kくん。
「あら、Kくん、丁度良い時に来てくれたわ!
 中学生の期末対策を手伝って!!」私
「良いですよ~。」Kくん

昨日は、2部屋を使って、中1と中2の期末対策をしていたのですが、
急に現れたK先生を見て、生徒達は大喜び!←特に女子(笑)

急遽、中2の連立方程式を見て貰うことになりました。
2~3日は、こちらにいるとのことなので、
明日も来てくれるとか!!

本当に、とても助かりました。

何とか、この週末を乗り切れば、娘も退院してくれるのでは、
ないかと思っているので、もう暫くこの調子で頑張ります。

PS:ちび介は今日も元気いっぱい!
  支援センターでたっぷり遊んで帰宅、水浴びをしたあと、
  ご飯を食べ、只今お昼寝中です。

スポンサーサイト

ついに入院!(>_<) 

娘がついに入院してしまいました。
実は、先週、ケトンの数値がとても高くなり、
入院を勧められていたのです。

でも、ちび介のことが気がかりな娘は入院を拒否。
毎日、片道40分の総合病院へ点滴(2時間)に通っていました。

吐き気が強いため、運転もできない娘を車に乗せ、
ちび介を連れての通院はたいへん!!

娘を病院まで送り、ちび介を病院近くのキッズルームで遊ばせて時間つぶし。
ころあいを見計らって、病院へ娘を迎えに行き、食材を買って帰宅。
そんな毎日のくり返しでした。

でも一週間も通えば、落ち着くだろうと思っていたのですが、
娘の吐き気は一向に治まる様子はなく、
飲めない。食べることができない状態が続き、昨日ついに入院!!

私はと言うと、期末テスト前の忙しい時期です。
昼間はちび介の相手をし、夜、寝かしつけてから家事。
そして、夜中に塾の準備をする生活が始まりました。

でも、困るのは、私がちび介の相手をしてやれない塾の時間帯。
1週間くらいなら、夫の協力を得ることができるのですが、
入院が長期にわたる場合、何か、対策を考えなくてはなりません。

困ったものです。

こんな風ですので、日記は勿論、数学の勉強方法についての記事を
更新することもままならず・・・・。

シンプルライフについても、今は、シンプルな生活とは
程遠い暮らしをしているので、ストップ状態。

いつもの平穏な暮らしに戻れるのはいつの日でしょうか?(笑)

子育て支援センターって有難い 

元気すぎるちび介を連れ、市の運営する
「子育て支援センター」に行ってきました。

今日は、1歳半から3歳児のサークルの日だったので、
少し広い講堂で、ピアノの音にあわせてリトミック。

いつも自分中心に動き回る子なので、
団体行動に一抹の不安を持ちつつ参加。

ところが意外にも、ルールに従って行動ができるのです。
これには驚き!!

自由時間を含めて2時間!
たっぷり遊ばせて貰って帰宅しました。

玄関で靴を脱ぐときに、
「まだ~。まだ~!」と泣き叫ぶことには変わりありませんが、
昼食を摂らせて、寝かしつけたところ、爆睡!!(笑)

しかし、こうした施設は、とてもありがたいですね。
心配事も相談できますし、お母さん仲間との情報交換もできます。
ありがたや!ありがたや!

今日のサークルでは、ちび介の違った一面を発見。
落ち着きのなさを、密かに心配していたのですが、
私の取り越し苦労でした。これで一安心。

それに、1歳半検診で、言葉の遅れを指摘され、
「2歳になったら、お電話させていただきます。」

などと、言われてしまったちび介。

今では言葉の数も随分増えましたし、
当時できなかった絵本への指差しもできるようになりました。

娘から何か報告を受けるたびに、
ネットで調べ、あれこれと心配している私ですが、
どうやら、いつも取り越し苦労のようです。(笑)

さてさて、親子でぐっすりお昼寝中のうちに、
夕飯の準備をすませ、今日の仕事のスケジュールを確認。

今日は、とても真面目な手のかからない5年生のクラスと、
元気の良すぎる中学1年生のクラス。

中1のクラスには、先日過激発言をしたRくんがいます。
少し本人と話しをしておかなくてはならないと思っています。

最近、青少年が関わっている事件が多いですね。
そんな事件を耳にするたびに、

「もう少し気をつけていてあげていれば、
事件を未然に防ぐことができたのではないか!」
と悔やんでいるおとな達の存在に思いをはせていました。

事件を起こしてしまった児童、生徒の保護者はもちろんですが、
学校、塾を含めた地域のおとな達が、もう少し、子ども達の、
言動に目を向けていれば、子ども達の変化に気付いていれば・・・。

問題をかかえている子ども達の心の中に入っていくのは、
難しいことが多いのですが、少なくとも、自分のことを思っている
おとなが近くにいることだけは、伝えておかなくては!
と思っています。

では、また(^_^)/~

電池切れ寸前 

娘とちび介の帰省から10日!
すでに電池切れ寸前の桜です。(>_<)

新聞、読めません。
テレビ、観ることが出来ません。
食事、ゆっくりできません。
トイレ、落ち着いてできません。(笑)
お風呂ももちろん。←ドアをノックし続ける。

つわり娘はこれでもか!というくらい安静にしているので、
育児には、参加せず・・・。

外に出たい、ちび介を連れ買い物にも行っています。
元気いっぱいのちび介は、カートに大人しく納まっているはずはなく、
店内を歩きまわります。

好奇心いっぱいなので、どこへでも行ってしまい、
目が離せません。

食欲は旺盛なので、よく食べてくれるのですが、
何でも自分でやりたがるので、ちび介の座っている場所には、
ご飯つぶ、おかず、味噌汁の具などが散乱。
食事がおわれば風呂場に直行です。

部屋中にイタズラ防止の鍵をしているので、
ドアも、扉も、引き出しも、すぐには開けることができず、
とても不便。

とにかく、起きている間は、動きまわっているので、
危なくて目を離すことができません。

そして、夜は、転げまわって寝てくれるので、
これまた、目が離せません。

つくづく、世の中のお母さん方、そして孫の育児に参加されている
おばあちゃん方を尊敬しますっ!!

仕事をしている方が、数倍楽ですね。(笑)

でも、可愛い仕草に癒されることもたびたび。
この状態が何日つづくのかは、わかりませんが、
ストレスを溜めないようにしなくては!と思っています。

暫くは、日記が週記になってしまうかも知れませんが、
たまには、遊びに来てくださいね。

生徒の過激な発言 

11日の日曜日に、娘とチビ介が帰ってきました。
もうすぐ1歳10ヶ月となるチビ介は、元気一杯!

今回の帰省は、娘の妊娠によるものです。
現在、まだ赤ちゃんの袋しか見えていない状態ですが、
すでにつわりが始まってしまったのです。

娘は、思うように育児ができないため、
実家を頼るのは当然とばかりに、帰ってきました。(笑)

しかし、こちらは夫婦ふたりの気ままな生活が一転して、
孫中心の生活となるのですから、たいへんです。(-_-;)

でも可愛い孫のためですから、仕方ないですね。
できるだけのフォローをしてやろうと思っています。

ところで、昨日のこと。
中1の生徒たちの授業が後半に差し掛かったとき、
チビ介が大声で泣きはじめました。
どうやら、娘はトイレに篭っている様子!

その時に、生徒に向け、
「ごめんね。ウルサイでしょう。」私
「先生、チビ介くん、いくつになったの?」Mちゃん。
「もうすぐ1歳と10ヶ月なんよ。」私
「可愛いね。」Mちゃん。

と、話していると・・・・・。

「うるさいなぁ~。絞め殺してやりたい!」Rくん。
「・・・・・・・」全員
「Rくん、今、何て言った? Rくんも、あんな風に泣きながら大きくなったんよ。」私
「でも、うるさい!」Rくん。

そして、帰る間際、
「ウザッ!」とひとこと、言い残していきました。

塾が終わり、教室に残っていた生徒たちと、
Rくんの最近の言動と、育児のたいへんさと楽しさについて話しをしました。

それにしても・・・Rくんって・・・・。

確かに勉強を教えに来てもらっているのに、
子どもの泣き声がうるさくては、授業に集中できない。
それは、とても申し訳ないことでした。

でも、今回、チビ介が可愛いと言ってくれた生徒たちは、
幼い子どもは泣くもの。お母さんはたいへん!
ということを分かっている様子。

Rくんは祖父母と同居しています。
兄弟は、高校一年生になる姉と2人。
Rくんは甘やかされて育ってしまったのでしょうか?

昨年、地元の高校へ進学したRくんの姉も、
同様で、自分中心なところがありました。

さすがに、「幼児を絞め殺したい!」なんて過激な発言は、
ありませんでしたが、
クラスの中で問題を起こしている生徒に対しては、
とても敵意を持ち、イライラとしている状態でした。

母親と話しをしたこともあるのですが、
この母親、とても教育熱心な良い人なのですが、同じ傾向があるのです。

塾の一講師としてはあまり生徒の私生活に踏み込むことは
できませんが、心配です。

子育てって難しいですね。

それにしても、チビ介!
泣き過ぎだよ~~。(笑)

中学校中間テストの結果 

先日の定期テストの結果ですが、
私の塾では、中1から中3の各学年のトップ3に6名が入りました。
9名中、6名ですので、トップの2/3が私の塾生!

とはいえ、通学圏内に付属中学もなけれな私立中学もない、
中学の全校生徒は100名に満たない田舎の市立中学です。
中学受験には縁のない、ノンビリした地域ですので、
喜んでばかりもいられませんが・・・。

でも、いつもは50~60点台しか取れなかった中3の生徒も85点。
中1に至っては、塾生の平均点は91.8点!

私ばかりが頑張って空回りしているのはないかと思っていたのですが、
生徒たちがチャンと結果をだしてくれました。
本当に嬉しい!

努力が形になるって良いですね。
これだから、この仕事は辞められません。(笑)

では、中3は平方根。中2は連立方程式。中1は文字式。
期末テストに向け、がんばります。^^
おっと~。その前に中3は実力テストもあります。
これは、範囲が広いのでたいへんです。

計算・関数・図形、きっと忘れてるわ~。
ゲキを飛ばしながら、がんばります。

江原啓之さんのオーラの泉 

最近のマイブームは、江原啓之さん!
水曜日の深夜放送の「オーラの泉」ってご覧になったことありますか?
テレビ番組の正式名は「国分太一&美輪明宏&江原啓之のオーラの泉」
だそうですが、この番組スゴイんです。

毎回、ゲストを迎え、そのゲストの「オーラ」や「守護霊」、「前世」などを
江原啓之さんが、霊視し、美輪明宏さんと一緒にアドバイス!
ゲストの素顔や人生に迫るというものなのですが、

日常生活には縁のない言葉が飛び交います。
でも、何故か気になり、
先日、書店で平積みされている江原さんの本を4冊買い込んだのです。

すると、人間がこの世に生まれてきた理由、運命、宿命!
今まで釈然としなかった事柄が、おぼろげながら見えてきました。

私の疑問は中学のころにさかのぼります。
「人間って生まれた瞬間から死へ向かって生きている。」
「いずれは死んでいく存在なのに、なぜ今、生きる必要があるの?」
「広い宇宙のリズム、不思議な地球の存在。」
「障害を持って生まれるという理不尽さ。」
「生まれながらにある貧富の差。」
「草木や花たちに感情はあるの?」ETC・・・。

次から次へと沸いてくる様々な疑問。
勉強を試みた時期もあったのですが、
正面からぶつかっていくと、自分が押しつぶされてしまいそうで、中断!

ですから、今まで自分をごまかしながら生きてきたような気がしていたのです。

もちろん、本を読んだからと言って、全てを理解できた訳ではありません。
むしろ解からないことだらけなのですが、何故だか江原さんの文章が、
自分の中に少しずつ染みてくるのです。

引きつづき読んでみたいと思っています。

消えた(>_<) 

さきほど、時間をかけて書いた日記が、
私の手違いで消えてしまいました。

ショック・・・。もう書き直す気力がありません・・・。(>_<)

最近、ここの「FCブログ」が使い辛くなったような気がします。
でも、お引越しをするのもたいへんだしなぁ~。

どちらにしても、今日はもう遅いので寝ます。
おやすみなさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。