スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重増加に悩む 

最近の私の悩みといえば、増え続けている体重です。
若いころのべスト体重と比べるとプラス15kg!!
この3ヶ月の間にも4kgほど増えています。

ストレスが溜まると食欲が抑えられなくなる私。
今回の急激な体重増加の原因もストレスです。

そんな私が、「疲れているときには甘いものよね~。」
とばかりに、食べていたのは・・・。

プリン
みたらし団子
アイスクリーム
果物(1度に3人前)
お煎餅・・・。

さすがに生クリームたっぷりケーキなどは自粛していたけれど、
その他には、

間食でおにぎり
夜食で夕飯の残り物・・・。

しかも、自宅にいるときには、
クーラーの効いた部屋でまったり。

我ながらその精神力の弱さには呆れてしまいます。

今回のストレスの原因は、勿論、義父ですが・・・・。
体重計に乗るたびに、鏡にうつる自分の姿を眺めるたびに、
「あなたは自己管理ができていないダメ人間」と、
ささやく内なる声が聞こえてくるようで、ひどく落ち込んでいます。

たび重なるリバウンドと運動不足も原因です。
このあたりで、何とかしなくちゃ!
健康面でもたいへんなことになりそう・・・。

現在、少し体調が悪いのでビリーズブートキャンプは無理かな?
とりあえず間食をひかえて、軽い運動から始めてみますね。

そのうち体調をみながら、ビリーも再開するつもりです。
定期的に結果を報告しますね。

では、今日も頑張りましょう!^^

スポンサーサイト

夫の誕生日を祝う 

今日は同い年の夫の誕生日です。
50歳を過ぎたころから、
「お互いにこれ以上、年をとりたくないね~!」などと、
言いつつ誕生日を祝っているのですが・・・。

祝うと言っても、
この歳ともなればプレゼントを渡すのも照れくさい!
(面倒とも言う。)
毎年、食事をしておしまいでした。

でも、今年は少し気が向いたので、(笑)
若かりし頃に流行った音楽のCDを用意してみました。

2007082919192120070829193255


デートの時に、いつも車の中で聴いていた。
懐かしい歌のCD3枚セットです。

「今日までそして明日から:よしだたくろう」
「翼をください:赤い鳥」
「旅立ちの歌:上條恒彦+六文銭」
「春夏秋冬:泉谷しげる」
「さらば青春:小椋桂」
「夢の中へ:井上陽水」
「狂った果実:アリス」
「雨が空から降れば:小室等」
「ダンシングオールナイト:もんた&ブラザーズ」
「夢の途中:来生たかお」
「贈る言葉:海援隊」
「ワインレッドの心:安全地帯」
「いい日旅立ち:谷村新司」
などお馴染みの曲・・・。

この日記を読んでくださっている方の中で、
この名前が懐かしいと思われる方は何人おられるかしら?(笑)

100均で揃えた袋でラッピングをして、
これまた100均で買ってきたカードを添えて準備OK!!

夕食は夫が好きな肉料理!少し高級なビールもつけて、
ケーキも買ってきました。

夫の驚く顔を見るのが楽しみ~!!

な~んて!
CDが聴きたいのは私の方だったりして・・・。(笑)

実は、明日は義父の退院の日なのです。
『お疲れさまでした。これからも頑張ろうね。』
の気持ちを込めて、乾杯したいと思います。

定額貯金の落とし穴 

まず初めに現在の郵便局の普通貯金の金利を知っていますか?
なんと「0.21%」なのです。

私が貯蓄のかなめにしているのは、自動積み立て貯金です。
普通通帳から毎月決まった額を定額貯金に積み立てています。
ゼロ金利のときの定額貯金(0.06%~0.07%)が
気になっていました。

そこで金利の低い定額貯金を、一度解約してひとまとめにし
新たに定額に預け替えたのですが・・・。

そのときに、普通貯金の金利(0.21%)を聞きました。
たいへん驚きました。

普通貯金より今までの定額貯金の金利の方が低いのです。

今まで、元本保証で普通貯金よりも金利が高いから安心!と、
ばかりに、とりあえず定額貯金に預けていたのですが、
見直しを怠っている間に
普通貯金より金利が下がっていたのです。

定額貯金に預けているよりも、
普通貯金の金利の方が高いなんて!!!
参考までに、郵便局貯金のホームページで確かめてくださいね。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/stk00100.htm

結局、現在の定額貯金に預け替えることにより、
金利は0.06%~0.07%のものが0.4%となりました。
昔に比べれば、まだまだ低いのですが・・・。

郵便局の局員の方には申し訳ありませんでしたが、
かなりの量の定額貯金を移し替えました。

銀行でも同じことが起こっていると思います。
あなたも早急に見直してくださいね。

3歳と6ヵ月の仲良し兄妹♪ 

もうすぐ3歳の誕生日をむかえるちび介と、生後半年の花子。
最近、プールに通い始めたちび介は相変わらず元気いっぱい。
花子もコロコロと転がって移動するようになり歯も生えはじめているとか。

そして娘の報告によると、このふたりとても仲が良いらしいのです。
おばあちゃんとしてはとっても嬉し~い!!^^
娘も孫たちも元気に頑張ってくれているようなのでホッとしています。

でも、そうは言っても親元を離れ都会での育児はたいへん!!
助っ人として出向いてやれないかわりに、
先日、娘宅に救援物資を送りました。

中身は、定期便の
「無添加いりこ・花かつを・味噌・野菜・果物・お菓子」に加えて、
なぜか電波歯ブラシ!(笑)

わが家が歯ブラシを買い替えたついでに
娘宅のものも購入していたのです。
親って子どもがいくつになっても、世話を焼きたいものなのですよね。

でも、こうしてその成長を楽しみにできる家族の存在って有難い!
大切にしたいと思っています。^^

卒業生教室に乱入 

中2の授業中に玄関のチャイムが鳴りました。
2階から外を見てみてみると、卒業生の3人が笑顔で立っています。

授業中であることを伝えたのですが、
そこは通い慣れた教室。
ドヤドヤと2階に上がってきました。

あらら!!みんな少し見ない間に身長が伸びたね!

招かざる客は、高校3年生の男子3人組。
急遽、中2の生徒達に混じって「一次関数」の勉強です。
数学が得意だったS君は、中2のMちゃんに教えてくれています。
Mちゃん、少し恥かしそう・・・。(笑)

体格の良い彼等が座ると机も椅子も小さく見えます。
『本当に大きくなったね~。』
そんな卒業生の姿を眺めながら、ちょっぴり幸せな気分の私。
授業の合間に、それぞれの進路についての決意も聞けました。

大学への進学を目指す子。
地元企業への就職を決めた子。

結局、中2の生徒達に迷惑はかけられないので、
早々に追い返しましたが、
「また、来るね~。」と、
手を降りながら元気に帰っていきました。

でも、気になったのは、
部屋に入ってきた時に、少し匂った「タバコ」のにおい。
帰り際に「タバコはやめなさいよ!」と注意しておきました。
今は、興味本位で吸っているのでしょうけどね。

この先、彼等はどんな人生を歩むのでしょうか。
これからも、見守っていきたいと思います。

「みんな、頑張ってね~!!」

少し充電できました 

今回、助っ人に来てくれた義姉妹達は、
近畿&中部地方に住んでいます。
この暑い中、民族大移動で込み合っている交通機関を利用し、
私達の住む中国地方まで、文句ひとつ言わず駆けつけ、
義父の世話をしてくれているふたり。

正直、今回ほどふたりの義姉妹の存在を、
有難いと思ったことはありません。感謝感謝!

夫の今年の夏休暇は3日間でした。
その休みに合わせて、帰省してくれた姉達!
おかげで、夫は、初日に15時間、2日目も15時間と、
たっぷりと睡眠をとる事ができました。

さすがに昨日は、
夜中の2時過ぎまで眠れなかったようですが・・・。(笑)

そして、今朝はアイスコーヒーを片手に、
まったりとした時間を過ごしています。

今日は夫の夏休暇の最終日!
もう少し、ゆっくりさせてあげたいのですが、
昼過ぎには義父を病院へ送り届ける予定なので、
暫くしたら、実家へ向います。

すこし脚力の戻ってきた義父。
このまま、回復にむかって欲しいなぁ~。

それにしても暑いですね。
夏バテしないようにしなくちゃ。
皆さまもご自愛くださいね~。

PS:
取り立てて書くこともないとは思うのですが、
暫く夫の父親のことを「舅」と表記していましたが、
やはりしっくりこないので、「義父(ちち)」に戻しました。
どうでも良いことですよね~~。(笑)

親孝行息子、爆睡中! 

夫婦で、舅のお世話を始めて2ヵ月が過ぎました。
その間、身体を休めることなく走り続けていた夫。

昨夜は、食事の後、力尽きリビングで爆睡です。
お風呂に入るように促しても返事なし!

仕方ないので、そのままにしていたら、
夜9時から翌日の昼の12時まで何と15時間眠り続けました。

夫の携帯電話の着信音がなり、目が覚めてしまったようですが、
それがなければもっと眠っていたかも!!

電話の相手は舅でした。
外泊を楽しみにしている舅が待ちきれずに電話をしてきたのです。

舅には午後2時に迎えに行くと伝えてありました。
舅よりも、夫の健康を心配している私としては立腹!

『少しは息子の身体を心配しろよ~~。』

いつもマイペースで自分勝手な舅に本当に腹が立ちます。

そんな父親をいつも相手にしている夫も、最近では少々呆れ気味!
口喧嘩も頻繁にしているようなのですが・・・。
そこは親子ですね~。
いつも、気を取り直して世話をしています。

でも、今日もすでに12時間眠ってる夫。
疲れているんだろうなぁ~。

午後からは、墓参りのあと実家へ向う予定なのですが、
できれば、自宅でゆっくりしていて欲しい私。

無理なのかな~?

親の介護に無関心な人も困るけれど、
ここまで孝行息子の夫を持つと、妻としては微妙です。

皆さんのご主人はいかがですか?

嫁の笑顔と本音 

転院をきっかけに始まった舅の異常行動!
結局、病院側の要望で舅を2泊3日で自宅(舅の家)に、
連れて帰ることになりました。

主治医によると、
環境の変化に順応できない患者への対応としては、
患者を落ち着かせるために、
入院中の患者に家族が付き添う方法もあるけれど、
その効果が期待できるのは、あくまでも同居の家族であること。

一人暮らしの舅には、たとえ家族が付き添っても、
あまり効果は期待できないとのことなのです。

やはりここは舅が住みなれた自宅に戻るしかない!!

少しは歩くことが可能で、痛みも治まっているので、
転院の翌日には外泊が決まりました。

やっとホッとしてたのになぁ~(>_<)

でも、自宅に戻った舅。とても嬉しそうです。
勿論、異常行動もありません。
やはり医師の判断は正しかった。

しかし、お世話をする家族はたいへんです。
とりあえず、夜は息子である夫が実家に泊り込み、
日中は嫁である私が舅のお世話をすることになりました。

そうそう、そのお世話ですが・・・。
外泊の翌日、突然、舅が外出したいと言いだしました。
郵便局と銀行、そしてスーパーにも行きたいと言うのです。

え~~。私ひとりで大丈夫かしら?
転んで骨折でもしたらどうしよう。

一瞬、考えてしまいましたが、
舅の顔を見ていると、断るわけにもいかず、
外出することに!!!

も~~、何でこうなるのかしら・・・。

結局、舅は上機嫌、私は疲労困憊で帰宅。
誰か助けて~~~。

でも、夫には感謝されたので、まあ良いか~。
と、気持ちを切り替え舅に笑顔で接する私。

心の中では悪態をついているのだけどね。
私って役者になれるかも!!(笑)

そして、昨日、舅を無事に病院に送り届けました。
突然やってきた悪夢のような日々は終わり
肩の荷を下ろす私。

今日は、病院へ顔をだすだけだったのでらくチンだったわ。

でも、運悪く明日からの2日間は、
病院の「リハビリ」がお盆でお休みなのです。
舅は、リハビリが目的で入院しているので、
またまた2泊3日の外泊です。

舅はルンルン気分。私は憂鬱。
でも、今度は、夫の姉妹が帰省し手伝ってくれるそうなので、
ここは全面的にお任せするつもりです。

問題はその後ですね。
入院期間はどのくらいになるのか。
舅の異常行動が再び起こらないか。
帰宅後の生活はどうするのか。
問題は山積みです。

本当は、もう頑張りたくないけど、
あとで後悔したくないので、仕方ないですね。
頑張ります!!(>_<)

PS:
実は、先ほどテレビの通販を見ていて、
美容ローラーを衝動買いしてしまいました。
お値段は2万円也。

暫く使用してみて、効果があるようでしたら、
紹介しますね。

夜中の呼び出し 

近くの病院にうつることができ、ホッとしたのも束の間!
夜中の2時半にわが家の電話が鳴りました。

I病院の看護士さんからです。
「お父さんが、トイレに篭ってしまわれ出てこられません。
 顔つきも昼間とは違います。すぐに来てください。」

驚いて夫婦で駆けつけました。

今までも、病院からの急な呼び出しはあったのですが、
いずれも「舅が転んだ!」という連絡。

今回は違う・・・。
嫌な胸騒ぎを抑えることができません。
もしかして、このまま痴呆?

でも、病院に到着すると、
舅はすでに病室に戻っていました。
表情も特別、変わったところもありません。

でも、看護士さんのお話しによると、
お年寄りの中には、
急な環境の変化に順応できない人がいるとか・・・。

このまま痴呆の症状がでないとは限りません。
一番良いのは、住み慣れた自宅に戻ること。
安心させてあげることらしいのです。

とりあえず、舅が落ち着いたので、
夫とふたりで、病院をあとにしました。

帰宅後、仮眠を取り、夫はいつもの時間に仕事!
ご苦労さんですね。寝不足のまま大丈夫かしら?

私は、朝から動き回る元気がないので、
ホッとしてパソコンの前に座っていました。

すると、またまた今度は婦長さんから連絡です。

やはり、どうも良くないようです。
もしかしたら、今日にでも自宅に連れて帰ることになるかも!!

う~~ん。前途多難です。(笑)

転院しました 

結局、舅の帯状疱疹の痛みは1ヵ月半も続きました。
連日、痛み止めの注射や座薬&飲み薬を使っても効果なく、
2度の神経根ブロック治療も効かない。

しかも、「病院食はまずい!」と手を付けない。
私の手作りの料理も却下。

これでは、ますます体力は落ちる一方!
最終的には、舅は話しをする気力もなくなり、
必要なことはアゴを使って伝えるようになったのです。
要するに「人をアゴで使う」状態です。

舅があまりにも衰弱してしまったので、
とても心配していました。夫が・・・。(笑)

そして、その当時は、
『このまま自宅に戻ることなく逝ってしまうのでは!』
と、夫婦で縁起でもないことを話し合っていたのです。

ところが、
担当が腕の良いと評判のM先生に変わった途端、
ウソのように痛みが消えました。
これには、皆びっくり。

M先生による神経根ブロック注射が効いたのです。

やはりドクターの当たり外れってあるのですね。
今までの痛みは何だったの?って感じです。

そこで、暫く様子をみていたのですが、
症状が安定しているので、今日、近くの病院に、
リハビリのために転院の運びとなりました。

車で片道40分もかかる総合病院から、
10分で行ける地元の病院への転院です。

6月18日に入院してから今日までの50日間。
特に、親孝行息子の夫は、
たまたま病院が職場に近かったせいもあり、
営業の仕事の合間をぬって父親の様子を見に行く毎日。

一週間に一度しかない休日も、
病院通いで潰れてしまい、身体を休めることができません。

そんな夫の健康を気遣いながら、
嫁としての勤めを果たす私。

本当に、夫婦で舅に振り回されっぱなしの毎日でした。

これからも病院通いは続きますが、
舅が痛がっている姿を見なくて済むだけでも気が楽かな?

ストレスの溜まり具合も、
違ってくるのではないかと思っています。

そうそう、ストレスといえば、
舅が飼っている2匹のプードルのお世話もたいへんです。

長くなってしまったので、
続きは次回にしますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。