スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾は禁止!! 

教育再生会議での野依氏の爆弾発言。
報告の原案には盛り込まれなかったようですが、
私としては共感する部分が多いので、
asahi.comに掲載された記事を書き出してみました。

政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。しかし、再生会議が21日にまとめた第1次報告の原案には「塾の禁止」は盛り込まれていない。

 議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。

 JR東海会長の葛西敬之氏は「日本の数学のレベルは学校ではなくて、塾によって維持されている、という面もある」と反論したものの、事務局側は「公教育が再生されれば、自然と塾は競争力を失っていく。結果的になくなる」と同調、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏も「野依座長のおっしゃったように塾禁止ぐらいの大きな提言をやらないと」と野依氏に賛同するなどひとしきりの盛り上がりを見せた。



この記事を読んでどう思われますか?

たしかに少し乱暴な意見ではありますが、
現代の子ども達は忙し過ぎます。
子ども達を家庭に戻し、本来あるべき姿とするためには、
こうした思い切った教育改革が必要なのではないでしょうか。

塾を経営している私が言うのもおかしな話しですが・・・。(笑)

コメント

来年もよろしくお願いします!

桜さん、お久しぶりです^^
私もテレビでみました。
中高生を抱える我が家では複雑な気持ちです。

ただひとついえるのは、今、再び学歴社会が蘇ってきたという背景があるんじゃないかな?
過去当たり前だった正社員雇用がとっても難しいことになっていますよね。
終身雇用や年功序列の給料アップを全面的に肯定するわけじゃないけど、起業をするにしても会社員になるにしても、やはり勉強しておかないと将来の生活が不安なんですよね。

そういう背景から、やっぱり学校の勉強+塾になってしまうんじゃないかな~?

そう思う反面、
先日のオーラの泉でのお話のように
塾にかかった費用を早急に子供から成果として回収しようとする親に対して戒めの言葉がありました。
子供は株じゃないんだから!
ほんと、そうですよね。
私も身の引き締まる思いでした。

ぶっちゃけ、塾禁止でも、肯定でもいいんです。
子供たちが大人になったとき、
生活できるそこそこのお給料を手にすることができれば・・・。
そして子供を生み育てる環境があれば・・・。

この教育問題って、つきつめると少子化問題に繋がるようなきがしてならないのです・・。

長くなっちゃってすいません~^^;
最後に、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します!!

ふたばさん、お久しぶりです。

お返事が遅くなり、申し訳ございませんでした。
こちらこそ昨年中はたいへんお世話になりました。
今年もよろしくお願いしますね。

>生活できるそこそこのお給料を手にすることができれば・・・。
>そして子供を生み育てる環境があれば・・・。

本当にそうですよね。
どんな方法であれ、
子ども達の未来が明るいことを願うばかりです。

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/242-23bf91f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。