スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で一番幸せだったのはいつ? 

先日、とても良い文章に出会いました。

早速、娘にもメールで知らせたのですが、
育児に疲れているあなたも、是非読んでみてください。

*----*----*----*----*----*----*----*----*
ある婦人は晩年、病んで、
家族の名前さえ思い出せなくなっていた。
しかし、医師が「人生で一番幸せだったのはいつ?」
と聞くと、はっきり答えた。

「娘が生まれた時です・・・・・うれしかった!」

それを聞いた娘さんの眼から、
涙がどっと、ほとばしった。
「ありがとう、お母さん。その一言で十分です。」



そして娘は自分の子どもを、
いつも叱ってばかりいたことを反省した。

「そうだ、この子が生まれた時、
 生まれてくれたことだけで私は幸せだった!」

ありがとう。
本当は、あなたが生きていてくれるだけで、
お母さんは幸せ。

あなたはそこにいるだけで、
お母さんを幸せにしてくれている。
ありがとう。
*----*----*----*----*----*----*----*----*

娘さんは母親の愛情を再確認するとともに、
自分の子どもに対する気持ちに思いをはせる。

そう、産まれてきてくれただけで、幸せだった!
なのに、大きくなるにつれ、
子どもを自分の理想に無理やり近づけようとしていた。

「子どものため」という、
大義名分を振りかざし、子どもを追い詰めていた。

これは子どもに限った話しではないですよね。
夫婦もしかり!

何事も原点に戻ることが必要かな?
な~んて考えました。

コメント

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/272-98de6f56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。