スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番辛いのは義父? 

今日は 嫁の仕事をしてきました。
今年の6月中旬に帯状疱疹で入院した義父が、
退院のあとも痛みが治まらず通院しているのです。

今日はその通院の日でした。
病院には毎回 夫と私が付き添っているのですが、
そのたびに 無神経な義父の言動に傷付く嫁。

毎回、
「何でそんなに我儘なの?もう、やってられない!!」
と、心の中で叫ぶ私。
幸い、実の子どもである夫も 義父の言動には呆れているので、
そう思うことにあまり罪悪感は感じていなかったのですが・・・。

でも、
世の中には 義理のご両親に献身的につくしているお嫁さんは、
大勢おられます。

それが 自分にはできないのですから、
「申し訳ない!」と言う気持ちがないことはないわけで・・・。(笑)
義父のお世話は夫のため!と割り切ろうとした時期もあったのですが、
何となく モヤモヤ感がぬぐえない。

でも、不思議と今日は嫌な思いをすることなく、
嫁の勤めを果たすことができました。

その理由は・・・。
義父の痛みが少し治まったので ご機嫌があまり悪くなかったことと、
私の気持ちが少し変化したこと。

介護って、辛いものですよね~。
でも、誰が一番辛いかと言うと・・・。
もしかして介護される側の義父?

「おまえらの世話にはならん!」と豪語していた義父が、
杖なしでは歩けなくなった。
ひとりで病院へも行けなくなった。
銀行へも行けない。
大好きな魚釣りにも行けない。
大好きなお酒も飲めない。

そして、
自分の病状を自分で把握できないことへのもどかしさEtc・・・。

きっと義父が一番辛い思いをしている。 

遅まきながらこんなことに 気付きました。

って、私は寝たきりの人の介護をしているわけではないので、
あまり偉そうなことは言えませんけどね。

それでも、そんな自分の気持ちの変化に気付き、
少し安堵することができたかな?

そうは言っても、義父のお世話は 義父のためと言うより、
自分が後悔したくないので 仕方なく関わっていると言う、
スタンスは変わりありません。

私って、やっぱり鬼嫁だわ。(笑)

コメント

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/329-a5630c4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。