スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10ヶ月ぶりに夫と温泉へ 

昨年6月より義父が入退院を繰り返していました。
近くに住む長男の嫁としてはお世話は当たり前?

何だかな~~。と、思いつつも、
夫には、
「お父さんのためではなく、彼方のためにがんばるわ。」
と宣言し、義父に付き合ってきました。

でも、この大正生まれの義父は、自他ともに認める我儘な頑固じぃ~さん。
夫は私を気遣い自分の休日(ウィークデー)の殆んどを、
義父の入院、通院のためにつかってくれていました。
もちろん、私も同行しますが・・・。

そして、10ヶ月経った現在。
義父の病状が落ち着いてきたので、1ヶ月に1度の通院となり、
ホッと胸を撫で下ろしているところです。

そこで、久しぶりに夫と近くの温泉に行ってきました。
そこは、新しくできた施設で、温泉のほかに、
食事、映画、ボーリング、カラオケなども楽しむことができる複合施設。
夫とゆっくりと温泉の湯につかり、食事を楽しむことができました。

これから先もお世話は続きますが、チョット小休止!
と言ったところでしょうか。

ところで、突然ですが、全国のお嫁さんに言いたい!!

決して、ひとりで頑張らないで!無理しないで!
自分に、できないことは、「できない!」とはっきりと伝えましょう。
それが、あなたとあなたの家族を守ることに繋がると思うのです。

今回、私は自分ひとりに負担がかかってしまうことをを避けるために、
夫、義姉、義妹に協力を求めました。
その結果、夫は自分の休日を父親のために使うことになってしまったのですが、
そうすることによって、夫は義父のお世話のたいへんさを理解してくれた様子。
私に対して、過度の期待を持つことがなくなりました。

義姉たちに関しても、入院中の義父の付き添いをお願いすることによって、
義父の我儘ぶりを再確認してくれた様子。

私は、以前、
義父の言動に、ひどく傷つき、落ち込み、体調を崩し、精神状態も最悪。
そんな状況から抜け出したくて、そんな義父と他人になりたくて、
夫との離婚を考えたことがあります。
そのときには、何の疑いも持たずにひとりで頑張っていました。

ですから、今回も介護に疲れ果ててしまい、
義父を憎むようになったり、
夫に対して、愛情が持てなくなってしまうことが怖かったのです。

以前のように、ひとりで抱え込んでいたなら、
夫とのんびりと温泉へ行く気持ちにはなれなかったと思うのです。

勿論、お嫁さんとして完璧に振舞っておられる方をみると、
未だに、罪悪感、劣等感を感じますよ。
でも、私にはマネはできない。

これからも、義父とは自分なりのペースで、
少し距離をおき、お付き合いしていくつもりです。

では、義父のご機嫌伺いに行ってきますね。(^_^)/~

コメント

距離をおくこと、話しあうことが双方のためになる事に気がつくべきなんですね。頑張りすぎは誰のためにもならないことを知るべきなんですよね。

桜さん
今あるエネルギーを、ご自分やお孫さんのために温存してね。
取り巻く環境は違うけど、義親との関り・考え・現状は桜さんと似ているなと感じます。・・罪悪感・劣等感のくだりは特にです。
その思いさえ持たない長男嫁なら、悩み苦しむこともなかったでしょうしね

kayoさんへ

今日は義父の通院に付き添いました。
夫も一緒です。
もっと優しくしてあげなくては!と、思う反面、
あと何回、この人の顔を見なくてはならないのだろうとも思う・・・。
長男の嫁の心理状態は微妙です。(笑)

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/363-f40e0f1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。