スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過疎化が進んでいる地域に住むということ 

過疎化が進んでいる地域に住むと言うことは・・・。

今朝も、町内の老人会の放送で眼が覚めました。
時間は、午前7時!今日で3日連続です。

朝から、参ってしまいます。
その訳は、放送内容が亡くなった方の葬儀日時のお知らせだから・・・。

車を走らせていると、必ず見かける葬儀案内板。
この町で長く暮らしているので、見覚えのあるお名前も見かけます。

ご近所は、その殆どが老夫婦だけ、もしくはご老人の一人暮らし!
むこう三軒両隣!お子さんと同居されているお宅はありません。
主を失った空家も随分増えました。

ここまで過疎化が進んだ理由は、地場産業がないこと。
高校を卒業した子ども達は、その殆どが町を出ます。

ご多分に漏れず、我が家のひとり娘も進学の為に町を離れ、
就職も町外、そしてそこで知り合った現在の伴侶と結婚。
その結果、遠く離れた場所に住んでいます。

過疎化が進むにつれ、子どもの絶対数も減るので、
当然の流れとして、学校の統合も相次ぎます。
どんどん母校が消えていきます。

寂しいけれど、これが現実。

でも、どこからともなく、集まってきてくれている可愛い塾の生徒達!
この子供たちは私の宝物です!
一緒に、毎日を楽しく過ごしています。

1日1日を大切に、元気で頑張らなくちゃね!
ふと、足を止めてみた朝でした。

コメント

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/5-9ad4c01b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。