スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状完成♪ 

年賀状が仕上がりました。毎年、「面倒な習慣だなぁ~!」と思いつつ、
自分が元旦に貰うと嬉しいので、セッセと作る年賀状。
この時期に仕上がるなんて私にしては珍しい!
いつもは、書き終わるのは年末ギリギリなんですよ~。

今年は、この日記で報告することを励みに頑張ってみました。(笑)
こんなところに、サイト運営のメリットがあるなんて!嬉しい。

ところであなたは手作り派ですか?それとも印刷派?
私は数年前から、裏面は勿論、住所まで印刷しています。

全て印刷してしまうことにちょっぴり罪悪感を感じつつ、
便利さを優先させて、数年前からパソコン頼りの私。
やはり今年も印刷です。!申し訳け程度にひと言コメント入り!(汗)

ところがその頼りにしているわが家のパソコン。
先日、液晶画面、キーボードはそのままで本体だけを買い換えたとき、
前のパソコンに入力していた住所録が全て消滅してしまったのです。

製作中のホームページ関係のファイルは何とか残ったものの、
受信メール、お気に入りなども綺麗さっぱり!

バックアップの勉強をしなくては!と思いつつ1日伸ばしにしていた矢先でした。
これだからパソコンは怖い!そして奥が深いです。(笑)

そんな訳で今年は年賀状の印刷にとりかかる前に、住所の入力からスタート!
結婚依頼、40枚ほどの義父の年賀状も担当しているので、全部で約200件!
いや~。時間がかかりました。

手元にある年賀状をみながらの作業でしたが、
中には手のかかるものもあり、予想外の時間がかかってしまいました。

■郵便番号のないもの
■文字が不鮮明なもの
■住所を省略しているもの
■当用漢字に含まれてない文字を使った氏名

これらは電話帳を見ながら住所を確認したり、数年前の年賀状と見比べてみたりと
地道な作業が続きます。

みんな~。住所は正確に書こうよ~。郵便番号も忘れず書いて~!
草書もほどほどにしてよ~!
などと、最後には独り言も飛び出す始末。

住所といえば、葬儀のときにも香典のお返しをするためには
正確な住所氏名が必要です。
特定不可能な人は本当に困るのですよ。
母のときも、父のときも、とても苦労しました。

それ以来、香典袋にはできるだけ住所氏名を書くようにしています。
以前はお返しを強要しているようで、住所記入欄があっても、
あえて書かずに出していました。

葬儀を経験した人ならお分かりだと思いますが、自分はお返しなんていらない!
と思っていても相手側にしてみれば、誰から貰ったか分からない香典があっては困るのです。

これって、自分で経験しなくては分からないことですよね。(笑)

ところで、今回役に立ったのは、郵便局HP 郵便番号検索ページ
全国の最新の郵便番号を簡単に調べることができとても重宝しました。

では日本列島、寒波に襲われ猛烈な寒さ。
外出時には雪や氷に足を取られないようにしましょう。
車の運転も気をつけて~!

本サイトにもお越しください→桜のチャレンジ日和

コメント

経験者なら


やっぱり経験してみないと分からない事って、多いよね。
中身・・・。うんうん、それ大事!
もしかしてうさぎちゃん、空の袋受け取り経験者?!(笑)
それって、対処法に困るよね。
私も気をつけなくちゃ!(笑)

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/64-be508f12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。