スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食生活の改善その1 

最近、自分の乱れた食生活を見直すために、
少しだけ栄養について考えています。

一応、私は栄養士の資格を持っているのですが、
実務経験がないため、ほとんどペーパードライバーならぬ
ペーパー栄養士状態。(笑)

そんな私ですが、実践できるかどうかは別として、
食生活にはバランスが大切だと考えていました。

でも、最近では、肉・魚・乳製品の取りすぎに対する警告を
眼にすることが多くなりましたよね。

厚生省が制定した「健康のための食生活指針」でも、
20年ほど前には「1日30品目」を推奨していましたが、
2000年に発表された「新・食生活指針」からは、
「1日30品目」という言葉が消えました。

あなたはご存知でしたか?
私は、この発表をうけ、ホッとしたことを覚えています。
だって、1日30品目のハードルはとても高かった!(笑)
必死で食材の数をかぞえていたのは、何だったのかと思っていまいます。

このとき、厚生労働省生活習慣病対策室では
「30という数字を絶対化して食べ過ぎてしまう例もあり、
誤解を招かないように数字はやめた」と説明していました。

でも、食塩・脂肪のとり過ぎなどの食生活上の問題は改善されないまま、
肥満者が増えるなど、なかなか生活習慣の改善が見られない。
ダイエットブームが年々ヒートアップしていることからも分かりますよね。

そこで、こんどは、厚生労働省と農林水産省が共同で、
2005年に、食事バランスガイドが公表されました。

All About
「食事バランスガイド」でチェックあなたの食事のバランスは○or×?

「何を」「どれだけ」食べればよいのかをわかりやすく示したものです。

でも・・・。

人間の健康を考えたとき、「人間は肉食には適していない!」
「良質のたんぱく質は肉よりも、
アミノ酸の形で植物性食品に多く含まれている」
という説を唱える人もいるのですよね。

そんな中、通常1日に必要とされている肉・魚を摂り続けることに
ちょっぴり不安があったりもするのです。

朝食の摂り方にしても、色々な情報が飛び交っています。
そのひとつひとつに反応していては、身が持たない。(笑)
どうすりゃいいさのこの私・・・。(笑)←ふるっ!

こうなってしまうと、
膨大な情報に振り回されている自分が滑稽でさえあります。
さてどうしたものか!

つづく・・・。

コメント

何をどう食べればいいのやら悩みますよね、あくまでも参考ですが・・・女子栄養大学出版部が出している、(栄養と料理)という月刊誌がありますが、その最後のほうのページに(毎月)何をどれだけ食べればいいか分かりやすく載っています。私は気難しく考えずに、一応目安として頭にいれ、献立の関係上、一日づつではなく、2,3日あるいは一週間の間で考えるようにしています。・・・・とはいいますがなかなか難しいですね。食べることが好きな人に、これ以上食べないでとは言いにくいものです。好きに食べて、健康でいられるなら一番いいのですが~~。

エンジェルさんへ

「栄養と料理」、久しく読んでいなかったので、今、ネットで注文しました。
「料理事典&献立カレンダー」がついている1月号です。
届くのが楽しみ~。

>私は気難しく考えずに、一応目安として頭にいれ献立の関係上、
>一日づつではなく、2,3日あるいは一週間の間で考えるようにしています。

そうですね。悩むことのストレスの方が身体に悪い気がします。(笑)

私は、できるだけ、買いものの回数を減らしたいと思っているので
1週間単位で必要な量を摂ることができるようにしたいと
考えています。

良い情報をありがとうございました。^^

コメントありがとうございます
「パスワード」入力でブログ表示後も編集できます















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zubora.blog5.fc2.com/tb.php/86-fa1a92a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。