スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義父と距離をおく 

先週からヘルパーさんのお世話になっている義父。
家族がホッとしたのも束の間。やってくれました。じぃ~ちゃん。
すごい形相で「もう帰れや!」と、ヘルパーさんを追い返してしまった

報告を受けたケアマネージャーさんが、
驚いて駆けつけてくれたとか・・・心配していた通りだわ。
このワガママじぃ~ちゃん。何とかして~~!(怒)

ケアマネージャーさん、ヘルパーさん、ごめんなさい。(>_<)

私の住む地域では、
高齢化が進み、ヘルパーさんが不足しています。
どこでも、同じような状況なのでしょうけど、
そんな中、やっと見つけたヘルパーさんでした。
その人を追い返すなんて!!

ヘルパーさんには、
車を手放した義父のために買い物を頼んでいたのですが、
義父は、それが気に入らなかったらしく、
「人が勝手に買うてきたもんは食えん。」と、のたまう!
「掃除をする場所をいちいち聞いてくるのがウルサイ!」とも言う。

買い物、掃除は義父も了解済みだったはずなのに・・・。

気に入らないことがあると、すぐに怒鳴るのも困ったものです。
今までその矛先は、義姉や夫、看護士さんに向けられていたのだけど、
ついに、私にまで攻撃的になる義父。

これには夫も激怒!

このままでは私が倒れてしまうので、
義父とは「少し距離をおくように!」と夫。

できれば義父の顔をみたくない嫁は大喜び。
夫の気遣いが嬉しい。

しかし・・・・義父を見ていると、
人生の最終章で人にうとまれる存在にだけはなりたくない!
と心の底から思う。

老いては子に・・・・・。 

うちのじぃ~ちゃん。
6月半ばに帯状疱疹にかかり入院。
約2ヶ月半の病院生活を終え3日前に退院しました。

でも入院中は殆んどベットの上で過ごしていたので、
満足に歩けない。

入院前に乗り回していた軽自動車の運転は諦め、
ケアマネージャーさんの勧めで老人用の電動車(シニアカー)を、
使うことになりました。
そして、要介護3なので1週間に3日、ヘルパーさんに来てくれることに!!

それにしても・・・。うちのじぃ~ちゃん。
「老いては子に・・・・・全く従いません!
現在84歳。大正生まれの義父。
とにかく人の言うことを聞かない!

長女(近畿地方在住)は驚き。
長男(私の夫)は切れて。
次女(中部地方在住)は戸惑う。
長男の嫁(私)は胃が痛い。(>_<)

一番、困っているのが食事かな?
自分が欲しいものしか食べない義父。

病院では、
「こんなマズイものは食えん!」
と、ご飯に梅干ですませてしまっていました。

家族が作ったモノも、気に入らないらしく、
今日も姉が秋刀魚を焼いてくれたのに一切手をつけない!
嫁の作ったものも同様!←かなり腹が立つ。

ここ3ヶ月ほど、野菜を殆んど食べていない義父。
勿論、蛋白質も足りない。←栄養失調になっても知らないよ~~。

人と接することを極端に嫌い、
自分の世界に閉じこもる義父。←ボケちゃうよ~。

でも、買い物は好きなので、
今回レンタルしたシニアカーの運転を試みるものの、
「道路の右側を走るように!」と、何度注意しても、
マイペースで左を走る。油断すると道路の真ん中へ!

嫁は胃が痛いよ~~。

来週からヘルパーさんが来てくれることになっているのだけど、
お願いだから仲良くしてね!

退院の日から、近畿地方に住む義姉が、
助っ人で来てくれていたのですが、今日帰っていきました。
今回も2泊3日だったけどとても助かったわ~。
お姉さん、また来てね♪

少し充電できました 

今回、助っ人に来てくれた義姉妹達は、
近畿&中部地方に住んでいます。
この暑い中、民族大移動で込み合っている交通機関を利用し、
私達の住む中国地方まで、文句ひとつ言わず駆けつけ、
義父の世話をしてくれているふたり。

正直、今回ほどふたりの義姉妹の存在を、
有難いと思ったことはありません。感謝感謝!

夫の今年の夏休暇は3日間でした。
その休みに合わせて、帰省してくれた姉達!
おかげで、夫は、初日に15時間、2日目も15時間と、
たっぷりと睡眠をとる事ができました。

さすがに昨日は、
夜中の2時過ぎまで眠れなかったようですが・・・。(笑)

そして、今朝はアイスコーヒーを片手に、
まったりとした時間を過ごしています。

今日は夫の夏休暇の最終日!
もう少し、ゆっくりさせてあげたいのですが、
昼過ぎには義父を病院へ送り届ける予定なので、
暫くしたら、実家へ向います。

すこし脚力の戻ってきた義父。
このまま、回復にむかって欲しいなぁ~。

それにしても暑いですね。
夏バテしないようにしなくちゃ。
皆さまもご自愛くださいね~。

PS:
取り立てて書くこともないとは思うのですが、
暫く夫の父親のことを「舅」と表記していましたが、
やはりしっくりこないので、「義父(ちち)」に戻しました。
どうでも良いことですよね~~。(笑)

親孝行息子、爆睡中! 

夫婦で、舅のお世話を始めて2ヵ月が過ぎました。
その間、身体を休めることなく走り続けていた夫。

昨夜は、食事の後、力尽きリビングで爆睡です。
お風呂に入るように促しても返事なし!

仕方ないので、そのままにしていたら、
夜9時から翌日の昼の12時まで何と15時間眠り続けました。

夫の携帯電話の着信音がなり、目が覚めてしまったようですが、
それがなければもっと眠っていたかも!!

電話の相手は舅でした。
外泊を楽しみにしている舅が待ちきれずに電話をしてきたのです。

舅には午後2時に迎えに行くと伝えてありました。
舅よりも、夫の健康を心配している私としては立腹!

『少しは息子の身体を心配しろよ~~。』

いつもマイペースで自分勝手な舅に本当に腹が立ちます。

そんな父親をいつも相手にしている夫も、最近では少々呆れ気味!
口喧嘩も頻繁にしているようなのですが・・・。
そこは親子ですね~。
いつも、気を取り直して世話をしています。

でも、今日もすでに12時間眠ってる夫。
疲れているんだろうなぁ~。

午後からは、墓参りのあと実家へ向う予定なのですが、
できれば、自宅でゆっくりしていて欲しい私。

無理なのかな~?

親の介護に無関心な人も困るけれど、
ここまで孝行息子の夫を持つと、妻としては微妙です。

皆さんのご主人はいかがですか?

嫁の笑顔と本音 

転院をきっかけに始まった舅の異常行動!
結局、病院側の要望で舅を2泊3日で自宅(舅の家)に、
連れて帰ることになりました。

主治医によると、
環境の変化に順応できない患者への対応としては、
患者を落ち着かせるために、
入院中の患者に家族が付き添う方法もあるけれど、
その効果が期待できるのは、あくまでも同居の家族であること。

一人暮らしの舅には、たとえ家族が付き添っても、
あまり効果は期待できないとのことなのです。

やはりここは舅が住みなれた自宅に戻るしかない!!

少しは歩くことが可能で、痛みも治まっているので、
転院の翌日には外泊が決まりました。

やっとホッとしてたのになぁ~(>_<)

でも、自宅に戻った舅。とても嬉しそうです。
勿論、異常行動もありません。
やはり医師の判断は正しかった。

しかし、お世話をする家族はたいへんです。
とりあえず、夜は息子である夫が実家に泊り込み、
日中は嫁である私が舅のお世話をすることになりました。

そうそう、そのお世話ですが・・・。
外泊の翌日、突然、舅が外出したいと言いだしました。
郵便局と銀行、そしてスーパーにも行きたいと言うのです。

え~~。私ひとりで大丈夫かしら?
転んで骨折でもしたらどうしよう。

一瞬、考えてしまいましたが、
舅の顔を見ていると、断るわけにもいかず、
外出することに!!!

も~~、何でこうなるのかしら・・・。

結局、舅は上機嫌、私は疲労困憊で帰宅。
誰か助けて~~~。

でも、夫には感謝されたので、まあ良いか~。
と、気持ちを切り替え舅に笑顔で接する私。

心の中では悪態をついているのだけどね。
私って役者になれるかも!!(笑)

そして、昨日、舅を無事に病院に送り届けました。
突然やってきた悪夢のような日々は終わり
肩の荷を下ろす私。

今日は、病院へ顔をだすだけだったのでらくチンだったわ。

でも、運悪く明日からの2日間は、
病院の「リハビリ」がお盆でお休みなのです。
舅は、リハビリが目的で入院しているので、
またまた2泊3日の外泊です。

舅はルンルン気分。私は憂鬱。
でも、今度は、夫の姉妹が帰省し手伝ってくれるそうなので、
ここは全面的にお任せするつもりです。

問題はその後ですね。
入院期間はどのくらいになるのか。
舅の異常行動が再び起こらないか。
帰宅後の生活はどうするのか。
問題は山積みです。

本当は、もう頑張りたくないけど、
あとで後悔したくないので、仕方ないですね。
頑張ります!!(>_<)

PS:
実は、先ほどテレビの通販を見ていて、
美容ローラーを衝動買いしてしまいました。
お値段は2万円也。

暫く使用してみて、効果があるようでしたら、
紹介しますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。